大阪マラソンチャリティランナーの写真

2018年第8回大阪マラソン

第8回 大阪マラソン
チャリティランナー募集

抽選もれなく確実に
大阪マラソンに出走できます

チャリティランナーエントリーで私たちの活動を応援していただけませんか?

大阪マラソンのイラスト
大阪の町並みのイラスト

チャリティランナーとは?What is a charity runner?

第7回 大阪マラソンの写真

大阪マラソンのチャリティ活動への理解を深め、支援の輪を広げていくことを目的に 出場していただくのが「チャリティランナー」です。

チャリティランナーの仕組み

チャリティランナーの仕組みの図解

寄付金はチャリティランナー自身に寄付いただくことに加え家族や友人等に寄付を広く呼びかけて目標金額を達成していただきます。

チャリティランナーのVIP待遇

大会EXPOや当日のVIP待遇に加え、チャリティランナー専用の ランニングイベントや交流会、打ち上げ、パトランオリジナル TシャツやチャリティTシャツなどチャリティランナーだけが 手に入れられる特典グッズも魅力のひとつです。

  • 100%出走できる

    チャリティランナーでエントリーすると大阪マラソンに100%出走できる!

  • VIP待遇

    EXPOの受付から出走前後の着替え、食事、ケアなど全てにおいて特別待遇!

  • 専用アイテム入手

    チャリティランナー専用のTシャツやアイテムが入手できる!

  • サポートが充実

    チャリティランナー向けのランニングセミナーやサポートが充実!

  • パトラングッズ進呈

    パトランオリジナルグッズのプレゼント!

第8回大阪マラソン
チャリティランナー募集

抽選もれなく確実に

大阪マラソンに出走できます!

チャリティランナーエントリーで私たちの活動を応援していただけませんか?

募集人数:先着600人
エントリー期間:4月6日〜8月31日

エントリーの際、チャリティ寄付先団体名は「改革プロジェクト」を選択ください。

※チャリティランナー申込ページへ移動します

チャリティランナーについて少しでも興味があればお気軽にお尋ねください。

TEL:090-2398-7390

MAIL:information@patorun.com

「パトラン」についてAbout Patorun

母親と子供の笑顔の写真

パトランは、子供や女性、お年寄りが安心して暮らせる地域の実現を目指しています。

街頭犯罪ゼロを目指して

パトロールランニング中の写真

目指すのは街頭犯罪をゼロにすること

安全なイメージがある日本ですが、毎日どこかで犯罪は発生し、それにより被害を 受けている人たちがたくさんいます。私たちがパトランで抑制すべきは 路上で起きる街頭犯罪です。私たちは、街頭犯罪ゼロに向けて街を走ってパトロールするパトランに取り組んでいます。

犯罪が多い都市大阪の現状

大阪は全国で最も犯罪が発生しやすい都市です。人口1万人あたりの犯罪発生率は全国1位で、刑法犯の認知件数も全国2位です。街頭犯罪に限ってみると、その発生数は日本で最も高い都市と言えます。
また犯罪数に対する防犯ボランティア団体数も極端に少なく、市民による安全な地域づくりは急務です。これからの安全な大阪をつくっていくためには市民による防犯活動をより活発化させる必要があります。

大阪の繁華街の写真

大阪府の主な街頭犯罪データ(2017年度)

■刑法犯の認知件数:107,023件(全国2位)
■1万人あたりの犯罪発生数:121件(全国1位)
■パトランで抑制に取り組む街頭犯罪の件数
性犯罪:894件(全国1位)
窃盗:82,644(全国2位)
ひったくり:646(全国1位)
放火:959(全国1位)
■防犯ボランティア団体数:1,791団体(全国8位)

「パトラン」はこうして生まれ、進化を続けていますPatorun was born like this

パトランのメンバー写真

パトランが生まれて以降、現在1,000名を超えるメンバーが全国34の都道府県でパトロールランニングの活動を行っています。

きっかけは友人の女性が不審者の被害にあったことでした

夜道の写真

パトランのきっかけは一緒に活動していた女性メンバーが駅から自宅へ帰宅 する途中に不審者の被害にあったことでした。
その時は大きな被害とはならなかったものの、彼女の心には確かな傷跡が残りました。
それを間近で見ていた代表の立花祐平は「安全だとばかりに思っていた自分の住む地域で こんなに危険な目に遭って心が傷づいている人がいる」と同じような被害を生まないため に防犯パトロール活動を始めます。

たった5人で始めた防犯パトロール

防犯パトロールの写真

最初に始めたのはSNSを使い防犯情報を市民に向けて紹介することでした。しかしながら、情報発信だけでは誰にも伝わらないことがわかりました。
一方的な発信だけでなく現場を知って行動することが必要ではないか?そう思い、夜間に地域を歩いて見回るパトロール活動を開始します。
活動は駅周辺で月1回のペースで行いましたが、見回りという単調な活動にメンバーのモチベーションは徐々に薄れ、半年経過した頃には 活動するのは代表の立花ひとりだけという状況になりました。

街を走ってパトロールする新しい防犯スタイル

パトロールランニングの写真

「活動を継続させていくためには、根本的に何かを変えるなければいけない」そう思い悩みながら活動していたある時、ある存在が目に止まります。それは公園をランニングするランナーの存在でした。
「もし、このランナーが公園ではなく街中を走っていたとしたら犯罪を抑止する存在になるんじゃないか」
そう思い立ち、これまで歩いて行なっていた防犯パトロールを走ってパトロールする 「パトロールランニング」に切り替え行うことを決意します。2012年の12月の出来事でした。

パトランの現在と今後の目標

父親と娘の写真

2013年1月8日にパトランをスタートして以降、現在では全国34の都道府県で展開し、全国各地に1,000人を超える仲間がいます。今後は、2020年までに全国47都道府県でパトランを展開し、新しい防犯スタイルとして日本の文化にしていきたいと考えています。

パトランの活動内容Activities of Patorun

私たちは街頭犯罪ゼロの街の実現を目指し、全国34の都道府県で活動を行っています。 今大会のチャリティでいただいた寄付は、街頭犯罪ゼロの安心して暮らせる地域を実現させることで 社会へと還元していきます。

  • 夜間パトロール

    主に帰宅途中の女性や塾帰りの子どもが被害となりやすい駅や塾周辺をパトロールします。主に路上での犯罪被害の抑制に主眼を置いて活動しています。

    メインの活動時間帯:20:00~23:00
    活動時間:基本30分程度

  • 下校時間パトロール

    子どもの下校時間に合わせてパトランを実施しています。事前に小学校と連携しており、子どもたちは 「あっパトランだ」と声をかけてくれます。安全づくりの他、子どもの交通マナーの遵守などにも役立っています。

    活動時間帯 15:00~17:00
    活動時間:基本30分程度

    下校時間パトロールの写真
  • パトランが生む5つの効果の画像

    パトランが生む5つの効果

    パトランは地域と参加する人にメリットをもたらすことができます。犯罪の抑制だけでなく地域での仲間づくりや健康づくりにもつながっています。

  • フィギュアスケーターの浅田真央さんも参加

    YOUNG JAPAN ACTION2014で初代大賞を受賞し、浅田真央さんが福岡県宗像市でのパトランに参加されました。

  • 地域の安全づくりに関わる取り組みの写真

    地域の安全づくりに関わる取り組み

    パトランは、クリーンアップ活動や啓発ポスターの制作など、街頭犯罪ゼロの安全な地域づくりのために活動しています。

パトランの詳しい活動内容については以下のリンク先でご覧頂けます。

寄付金の使い道についてAbout the use of donation money

寄付金の使い道についての写真

効果的なパトロールの実現のために

パトランは犯罪が多く発生する夜に走ることがメインです。街灯の少ない場所だと交通事故に巻き込まれる可能性もあるため ライトや蛍光の腕章などを装備することは必須です。 それらのパトランの際に必要な物品購入に使わせていただきます。

第8回大阪マラソン
チャリティランナー募集

抽選もれなく確実に

大阪マラソンに出走できます!

チャリティランナーとして出走することで
誰もが安心して暮らせる日本の地域づくりに力を貸してください。
あなたの出走が社会のためにつながります。

募集人数:先着600人
エントリー期間:4月6日〜8月31日

エントリーの際、チャリティ寄付先団体名は「改革プロジェクト」を選択ください。

※チャリティランナー申込ページへ移動します

チャリティランナーについて少しでも興味があればお気軽にお尋ねください。

TEL:090-2398-7390

MAIL:information@patorun.com

大阪マラソンチャリティランナーのサポート体制Osaka marathon charity runner support system

サポート体制の写真

EXPOの受付から、出走前後の着替え・食事・ケアや、チャリティ寄付金を集めるためのマニュアルやランニングセミナーなど、サポート体制も充実しています。

大会本番まで

チャリティ寄付金を集めるためのマニュアルやサポートツールの製作、クラウドファンディング用ページの準備など、支援を集めるための後押しをします。また完走をサポートするためのランニングイベントの開催など、総合的にチャリティランナーをサポートしていきます。

  • チャリティ寄付金を集めるためのマニュアルの写真

    チャリティ寄付金を集めるためのマニュアル

  • サポートツールの製作の写真

    サポートツールの製作

  • クラウドファンディング用ページの準備の写真

    クラウドファンディング用ページの準備

  • ランニングイベントの写真

    ランニングイベント

EXPOと大会当日

第7回 大阪マラソンの写真

私達にはこれまで様々なマラソン大会でランナーを応援してきた経験があります。EXPOや大会当日はチャリティランナーの背中を後押しする応援と、出走する勇姿を写真に撮影します。

チャリティランナーの声

大河原宏樹さんの写真

大河原 宏樹さん(福岡県北九州市)

これまで実業団に所属し走ることを専門にしてきましたが、大阪マラソンチャリティランナーは別格でした。
至れり尽くせりで大会当日は、控室、アップ、荷物預かり、ゴール後の控室とバイキング食べ放題、マッサージ無料とチャリティランナーの待遇は最高でした。コースも沿道の応援も途切れる事無く気持ちが良かったです。

飛永修一さんの写真

飛永 修一さん(大阪出身)

VIP待遇が良かったです。前日受付では人が多く会場に入るのに時間がかかるのですが、専用の入り口があり、スムーズに受付することができました。大会当日も暖かい部屋で更衣が出来、走り終わった後も暖かい部屋で更衣、無料マッサージそして食事も食べれるのが良かったです。大阪マラソンの魅力は何と言っても御堂筋を走れる所、大阪の大動脈である片側6車線を封鎖して走り抜けれるのは凄いです。応援の方々も途切れる事無く居るので心強く、まいどエイドも魅力的でした。

なないろチーム対抗戦「紺色チーム」3連覇へ

なないろチーム対抗戦の写真

私たちのチャリティカラーの「紺色」はなないろチーム対抗戦2連覇中です。 なないろチーム対抗戦では来年の出場権100名分をかけてチームで競いますが 紺色チームは3連覇を目指します!

第8回大阪マラソン
チャリティランナー募集

抽選もれなく確実に

大阪マラソンに出走できます!

チャリティランナーとして出走することで
誰もが安心して暮らせる日本の地域づくりに力を貸してください。
あなたの出走が社会のためにつながります。

募集人数:先着600人
エントリー期間:4月6日〜8月31日

エントリーの際、チャリティ寄付先団体名は「改革プロジェクト」を選択ください。

※チャリティランナー申込ページへ移動します

チャリティランナーについて少しでも興味があればお気軽にお尋ねください。

TEL:090-2398-7390

MAIL:information@patorun.com

SNSでシェアして応援する

SNSでシェアをよろしくお願いします

  • Facebook
  • Twitter