サステナブル親子FISHING

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.8.23
第1回サステナブル親子フィッシング大会を宗像市の自由ヶ丘公園で開催しました。今回はコロナウイルスの影響もあり、限定8組と参加家族は最低限として小さく実施をしましたが、市内外から申し込みをいただき、予想外の反響でした。

使う道具は竹を使った手作りの釣竿を準備しました。道具やエサは可能なかぎり自然のものを使うことを意識しています。

宗像の竹林から伐採してきたものを利用

大会は日曜日の午前中9時より開始し1時間で大会は終了です。大会後に親子で遊びに行ける時間がとれるようにすることと、子どもが飽きない時間を加味し、必要以上に長く時間をとることを避けています。参加した親子はほとんど釣り未経験の家族。普段なかなか釣りをする機会がなかったため、楽しみに参加しましたとの声を多くいただきました。

仕掛けやエサの付け方や釣り方はスタッフがサポートします。初めての魚釣り体験に子どもたちの笑顔だけでなく、お父さんお母さんの笑顔も印象的です。

初めて釣った魚とツーショット

あっという間の1時間が過ぎたあとは、表彰式を開催します。それぞれの家族で釣れた魚の数をカウントし、全ての家族を表彰します。成果を認められるという体験は子どもの心の中に、大切な経験として残ります。このイベントへの参加が子どもとお父さんお母さんの環境への意識を育むきっかけになると信じています。

表彰状の授与式

2020年から開始したこの取り組みは今後も継続して実施していきます。次回は2021年2月頃の開催を予定しています。参加はもちろんのこと、この取り組みを一緒に進めていくメンバーも募集しています。お気軽にお問い合わせください。

 参加いただいたご家族のみなさんと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで最新の情報を受け取る