【登壇】第7回ファンドレイジングセミナーin関西

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月8日、日本ファンドレイジング協会関西チャプターのセミナーに
準認定ファンドレイザーの高堂が認定NPO法人アカツキ代表理事の永田賢介さんと登壇しました。

※改革プロジェクトは今年度から実施するアカツキの「アケボノファンド」に採択されました >

今回のポイントは

・特に地方の小〜中規模NPOにおいて、支援者を受け入れることの
メリットと負担感がわかる

・(伴走)支援に入る側だけではなく、受け入れる団体側の実例と声が聞ける。
加えて、双方の視点から何が支援の前後で変わったのか、
変わらなかったのか、成果は何だったのかを聞ける。

・資金調達額以外の、組織の内部的な変化などの成果の指標や例を
知ることができる

・ファンドレイジングの施策に取り掛かる前段階に押さえておきたい視点と
内容、組織基盤整備の重要性がわかる

・手法としてのファンドレイジングの流行に流されず、自団体に必要な
方向性と具体的な打ち手を考えられる

コンサルティングの中心となった中期計画や、大阪マラソン、合宿、団体内部の意識の変化などをお話ししました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改革プロジェクトを支援する

地域の安全づくりのため、改革プロジェクトの活動を
ぜひ応援してください。

寄付支援について

SNSで最新の情報を受け取る