代表挨拶

NPO法人改革プロジェクト代表理事 立花祐平より

 

 

「冒険家になりたい」
それが僕が地域で活動する最初のきっかけでした。
「冒険家になるには自然に愛される男にならなければ」
そう考え、会社を退職後、仲間3人で海辺の清掃活動を行ったことが活動の第一歩です。その時は、NPOって何?という状況で、地域が抱える課題などにも無関心でした。しかし、地域の清掃活動という取り組みを通じて、地域とのネットワークが徐々に広がり、様々な生き方や考え方を持つ人に出会いました。僕が漠然と抱いていた冒険家の夢はいつしか、この社会が抱える問題を自分なりの取り組みを通じて解決することにすり替わっていきました。
「改革プロジェクト」という一見すると怪しげな団体名には、世の中に変化を与える価値を創っていくという意味が込められています。
僕たちは、日本の地域の安全づくりというフィールドで、子どもや女性、お年寄りが安心して暮らせる地域の実現に向けて日々奔走しています。

 

1985年福岡県生まれ
東福岡高校、明治大学を卒業。(株)CSK入社。大阪で営業職を3年経験した後、退職。福岡へ戻り2010年に改革プロジェクトを設立し、地域の海岸の清掃活動に着手する。2013年より日本初の地域安全の取り組みとして「パトラン」を始める。その取り組みが、2014年に住友生命YOUNG JAPAN ACTIONで大賞を受賞し全国へ広がる。2016年よりむなかた市民フォーラムの副代表。

 


パトランは改革プロジェクトが実施する新しいスタイルの防犯パトロールです。2013年より開始し、全国各地で志を同じくするメンバーと共に、地域の安全づくりに取り組んでいます。